ethos essay title critical thinking and nursing process quizlet apple watch cellular business plan how to listen to your essay on google docs plastic injection moulding research paper essay over paying college athletes year 3 homework sheets australia thesis statement on gun

こんな方が当院を訪れます ~テニスをやってないのにテニス肘~

40代 男性 右肘が痛いとのことで来院されました。ガキっと捻じった!など思い当たる節はないとのことです。

右肘の外側を触れるとやや鈍痛があります。更に手の平を下にして物(少し重いもの)を持ってもらうと「痛い!」となります。

これは外側上顆炎(がいそくじょうかえん)通称 「テニス肘」 と呼ばれる疾病を疑います。

 

詳しくは→→→テニス肘(上腕骨外側上顆炎) | あみはりきゅう整骨院グループ (ami.gr.jp)

 

この方は仕事にて長時間パソコン作業を行っているそうです。パソコンを打つ際に、指が動きます。そしてその指を動かしている「ヒモ」がくっついているのが、肘の外側なのです(ヒモは筋肉や腱を指します)。パソコンでキーボードを打つたびに、そのヒモが肘を引っ張って炎症を起こしているのです!!

パソコン以外にも手または指を良く使う方に、多くみられる症状です。当院では指を動かす「ヒモ」を緩めるような手技を行います。そして自宅でのケアもしていただかなければなりません。指を動かす「ヒモ」のケアと、別の「ヒモ」を使ってキーボードを打つようにします。やり方は・・・当院にてお教えしますね!

肘の炎症が強い場合は、治りにくいですが辛抱強くケアすることが必要です。

皆様もこんな症状がありましたら、ぜひご相談くださいね。

 

※仕事でのお怪我は「労災」の対象となります・・・。分かりにくいと思いますので、こちらもご相談ください!