テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

[概要]
この障害をおこすのがテニスプレーヤーに多いことから、この名前で呼ばれています。
しかし、近年ではテニスプレーヤーだけではなく腕を多く使う職業の人や、繰り返し同じ動作を行なった後などでも、この障害を起こすことがあります。
一般に、テニス肘と俗称で呼ばれていますが、
『上腕骨外側上顆炎』というのが正式な病名です。
手のひらを上にした状態で肘の親指側(外側上顆)には、手首を手の甲のほうに引っ張る筋肉がついています。
 パソコン業務のマウスクリックやタイピングの連続動作、もしくは何度も何度も握る、掴む等の動作でも上腕骨外側上顆炎の症状を訴える方が増えています。手首や手の指を使いすぎると、この部分に炎症がおこります。

 

[症状]

肘の外側を押さえると痛みがあり、手首を手の甲のほうに動かすときにも、同じところに痛みを感じます。
ドアのノブを回すときや、雑巾をしぼるときに痛むこともあります。
症状が強い方の中には、肘の外側に熱を持ち、腫れあがっている方もいらっしゃいます。

[治療]

使い過ぎによるものが原因となっているので、まずは安静第一です。
炎症を起こしているため、氷のうや水で濡らしたタオル等で冷やすことも大切です。
安静と言いましたが、ただジッとしていては意味がありません。
この場合、使いすぎている筋肉を使いにくい、もしくは使えない状態にすることを安静と呼びます。

要するに『固定』です。手首を固定するのが重要で、肘を固定しても意味がありません。

手首を固定し、更に肘にかかる牽引力(けんいんりょく)を弱める目的で、特殊バンド(テニスエルボーバンド)を使用することで、効果があることもあります。
整形外科等では、炎症を抑えるステロイド薬(副腎皮質ホルモン薬)や局所麻酔薬を注射することもよく行なわれます。
それでも効果がない場合には手術を行ないますが、実際にはそうした例はまれで、多くの場合は安静や投薬などの保存的治療によって治ります。

当院のような鍼灸整骨院では、手首から肘にかけて、必要に応じて上腕部や体幹部に対しての手技療法、及び電気治療で筋肉の過緊張を抑え、鍼や灸の施術によって回復力を高めることを行っています。

 

[装具]

仕事等で忙しく、なかなか来院できない患者様などに当院で11人に合わせたサポーターをご提案しています。カタログも御用意してあるので御相談ください。