cyberspace essay topics essay on proverb look before you leap review related literature thesis sample cover letter guidelines purdue a good reader is a good writer essay essay not working ma in creative writing ucd traffic jam essay in kannada

第九回白鵬杯 -世界少年相撲大会- アミトレーナーチーム

第九回白鵬杯 -世界少年相撲大会-

大相撲の横綱白鵬が主催する少年相撲「第9回白鵬杯」に

あみはりきゅう整骨院グループの精鋭22名で救護活動を行ってきました。

ミーティング

日本を含む世界8カ国の少年1194人が参加。横綱白鵬は、開会式にて来年度の第10回記念大会でさらなる規模で行う希望を発表した。

横綱白鵬

鍼灸師・柔道整復師は様々な場面で社会貢献できるが、こういった救護活動ではスペシャリストとして責任を全うする。

「白鵬杯」は、あみはりきゅう整骨院グループエリア長の伊藤智丈先生の伝手で救護として参加するようになって3回目となる。

 

 

 

活動として主に、脳震盪・擦過傷・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷等々の症状対応です。

 

あみはりきゅう整骨院グループ精鋭

 

自ら進んで来てくれる選手は良いのですが、なんせ行っている競技は”相撲”です。

 

「みんな、我慢強い・・・」

柔道整復師 鈴木大貴

多少のケガは、団体の監督も「唾つけとけば大丈夫!」とか言っちゃう勢いです。(勢いと言うだけで、本当は皆さん選手想いの方々ばかりです。

そこで、我々の出番です。

取組終わり → (怪しければ確保!) → 問診&診察 → 必要であれば処置

流石は、あみはりきゅう整骨院グループ精鋭部隊。選手の合間を縫って機敏な動きです。

「白鵬杯」は、参加者1194名という大勢が一日で優勝まで決めるので取組の数が相当数となります。
相撲

その数を考えると一日で我々が診た数は、とても少ないと思います。選手の日々の努力の結果でしょうね。

我々は、本来は活躍しない方が良いのです。活躍の場は、「その存在によって選手が安心して全力を出せる」これに尽きると思います。

これからも将来の横綱を夢見る子供達をあみはりきゅう整骨院グループは応援していきます!

柔道整復師 景山美奈

実施日時:2019年2月11日(月)開会 8:00 ~ 閉会 18:00

会場:両国国技館

( 〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目3番28号 )実施内容日本全国の相撲少年たちと世界中からの代表選手たちによる史上最大の小中学生相撲大会参加費/入場料無料(どなたでもご来場いただけます。)

主催:第九回白鵬杯実行委員会/一般社団法人白鵬ドリーム基金

特別協賛:株式会社 SANKYO協賛

 

あみはりきゅう整骨院グループ

就職・転職をお考えの方は、ホームページからお問い合わせ下さい。↓↓↓

株式会社アミ

htpps://ami.gr.jp