application letter to a shopping mall executive mba essay samples build a bear cover letter band 8 essay sample ielts essay about future of the earth organizational theory literature review

熱中症を防ぐ方法!

 

 

 

日本体育協会では、熱中症予防の水分補給として、0.1~0.2%の食塩と糖質を含んだ飲料を推奨しています。

 

 

 

 

お水を飲むタイミングや飲料の種類、温度を正しく知ることが重要です!

 

 

 

 

 

①タイミング

ふだん水分補給するタイミングは、喉が渇く前にコップ1杯(150~200ml)程度の

飲料を1日8回程度にわけてこまめに飲むことです。

 

②飲み水の温度

摂取するお水の温度は、熱中症などでを冷やしたいときには冷たい飲料が適していますが、

ふだんの水分補給では体温に近い常温水のほうが吸収がよいと言われています。

 

③飲料水の種類

夏場やスポーツをして大量に汗をかいた場合は、汗でミネラルなどのミネラル成分が失われるので、

水分だけでなく薄めたスポーツ飲料や塩分(ミネラル)を含んだ水を摂りましょう。

ただし、スポーツ飲料は当分が多く、多飲することは避けましょう。

 

 

 

またカフェインアルコールの入った飲料などは利尿作用があるため、

水分補給には適しません。

熱中症にならないように、お水を適度に摂りながら

夏を乗り越えましょう\(^o^)/

 

 

 

あみ鍼灸院・整骨院

埼玉県川口市栄町3-4-15

TEL:048-271-9531

川口駅から徒歩4分:そごうの裏の通りを西川口方向に歩いていただき、サンドラックさんの斜め前、大黒屋さんのお隣です

診療時間: 平日  9:00~12:30 15:00~20:00

土曜・祝日  9:00~12:30 15:00~17:30

休診・・日曜日