頚腕症候群

頚腕症候群

こんにちわ。あおぞら鍼灸整骨院です。

ここでは「頚腕症候群」についてお話させていただければと思います。

 

皆様はこれまで首や肩、腕にかけての痛みまたは重だるさを感じたことはありませんか?ほとんどの方が「ある」とお答えになると思います。

それもそのはずで、これらの痛みは生涯の内、およそ7割から8割の方が感じる症状だからです。実際、当院に治療にいらっしゃる患者様の多くもこれらの症状に悩まれて新患様として来院されます。

 首、肩、腕に症状が出る疾患は様々ありますが、その中の「頚腕症候群」とは主に筋肉の使い過ぎによる疲労や過緊張、不良姿勢などによるいわゆる「筋肉のこり」が原因とされています。つまり骨などに異常がないにも関わらず、症状が出ているといった状態です。この「筋肉のこり」を放置してしまうと痛みや重だるさだけでなく痺れ、手の冷え、頭痛、自律神経症状や関節の可動域の低下なども引き起こしてしまいます。

 当院ではその「筋肉のこり」をもとの柔軟な筋肉の状態に戻すための治療を行います。痛みの原因である筋肉の所在を明らかにし、手技療法、鍼灸治療、電気治療などを併用しつつ患者様一人一人にあった治療計画を提案させていただきます。また特に鍼灸治療は深い場所にある筋肉にしっかりとアプローチすることができ、痛みの根本をしっかりと取り除くことが可能です。また「頚腕症候群」の鍼灸治療は厚生労働省認可の治療でもあり、高い効果を多くの患者様が実感しています。

 前述したとおり「頚腕症候群」の症状にお困りの方は多くいらっしゃいます。慢性的な痛みはそれだけで身体に大きなストレスを与え、健康的な生活を害してしまいます。少しでも思いあたる症状や違和感がありましたら、ぜひお話をお聞かせください。身体の不調を治し、よりよい生活を送れるようしっかりとサポートさせていただきます。

 

 

※※※この記事を書いた院※※※

あおぞらはりきゅう整骨院

〒164-0001 東京都中野区中野5-32-25

TEL&FAX 03-3387-6861

院長:平澤 健次