メニエール病(Meniere’S disease)

【症状】

メニエール病の主な症状には『めまい』『耳鳴り・難聴』『吐き気・嘔吐』といったものがあり、これらの症状を繰り返し起こす(発作がある)事が特徴的です。

 

めまいは激しく、グルグルと回るような感覚を伴うもので“回転性めまい”と呼ばれています。自分自身や周りのものが動いている・回っているような感覚とも言われます。

耳鳴りや難聴は片方の耳だけに起こる事が多く、耳の中が圧迫されているような感覚やキーンという音が響くような感覚があります。また、難聴では特に低い音が聞こえにくくなる事があります。

発作の時には吐き気や耳鳴りだけでなく、冷や汗をかいたり・動悸、腹痛を起こすなど様々な症状が出る事があります。この発作はきっかけや前兆があるわけではなく、突然起こります。そして数十分~数時間続き、長い時は一日中続く事もあります。めまいの発作が治まると耳鳴りの症状も治まったりします。

 

【原因】

内耳にある「蝸牛(かぎゅう)」の中にリンパ液が過剰にたまる(内リンパ水腫)ことが、メニエール病の発作を引き起こすと言われています。

なぜリンパ液がたまるのかははっきりしていませんが、ストレスや過労、寝不足などが誘因になり、発作が起こるので、それらとの関係があると言われています。

また、メニエール病と突発性難聴は症状が酷似している為、鑑別が難しいと言われています。

 

めまい=メニエール病と考えがちですが、メニエール病には厳密な診断基準があり、それを基に診断します。それは「難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する」です。ここで一番大切なのは「反復する」という点です。めまい発作や難聴発作が1回起きただけではメニエール病とは診断できません。

 

まずは、耳鼻咽喉科などに受診をされ診断を受ける事が症状を改善させる一歩です。

 

【施術】

メニエール病の治療・施術には大きく分けて西洋医学的施術と東洋医学的施術とがあります。

〇西洋医学的施術

メニエール病の主な症状である『めまい・耳鳴り・難聴』などは内耳における蝸牛神経の血流不足が原因であることが多いです。

その為当院では、耳の中に直接鍼は出来ない為、周りの筋肉を利用します。耳の周りにある筋肉に鍼をする事により、血流不足になってしまった内耳の血流を改善させることが期待できます。

 

〇東洋医学的施術

東洋医学と聞くと怪しい、胡散臭いと思われがちですが簡単に説明すると、最近良く聞く“ツボ”に鍼やお灸をすることで体内を流れる『気』『血(けつ)』の流れを良好にし、身体全体の不調を整えます。

また、人間には肝・心・脾・肺・腎・心包・胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦と呼ばれる六臓六腑があり、この臓腑に異常をきたすと身体のいたるところに症状が現れると言われています。

その為、東洋医学的な施術の際にはどの臓腑に異常が出現しているのかを探る為患者様の『脈・舌・腹・背中など』を診て、生活習慣やストレスなどを聴き様々な観点から診察を行います。

その結果から問題となる臓腑に対し関係のある“ツボ”や“経絡”に鍼やお灸を施します。東洋医学的施術の特徴はメニエール病だけに焦点を合わせるのではなく、患者様の体質に合わせて施術を行う為、メニエール病の特徴的な症状のめまいや耳鳴りだけでなく自律神経が整い深い睡眠が取れるようになったり、便秘が改善したりと身体の不調も一緒に整えられる事があります。

※※※この記事を書いた院※※※

しげるはりきゅう整骨院新小岩院

〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2-1-23

TEL&FAX 03-5879-3997

院長 福井 誠