野球肘(やきゅうひじ)

このような症状で悩んでいませんか?

☆投球する時に痛い

☆バットを握った時、振った時に痛い

☆肘を曲げると痛い

☆肘の内側を押すと痛い

どれか1つでも当てはまったら野球肘かも・・・

当院にご相談ください。

野球肘は、成長期の子どもに起こることが多く、投球動作を繰り返すことで引き起こされる肘(ひじ)の障害です。

野球肘の症状が悪化すると、長期間にわたり肘を休ませることが必要になる場合もあるため早期の治療が必要です。

 

<原因>

肘には多くの骨や軟骨、靭帯(じんたい)、腱(けん)などが存在していますが、投球動作を繰り返すことで軟骨がこすれて痛みが生じたり、ときに軟骨がはがれ落ちてしまうこともあります。

放置して進行してしまうと、肘の軟骨がすり減って骨にも変形をきたす状態にもなりえます。

また、成人でも野球肘が生じることはあります。

この場合には軟骨そのものが障害を受けるよりも、肘関節を構成する靭帯が損傷を受けることが多くなります。

※野球肘は、野球をしていない方でも生じることがあります。

実際に野球肘の発症は成長期、体の左右差、姿勢、筋肉や関節の固さも深く関与することが知られています。

 

<治療>

負担がかかっている周りの筋肉を手技でほぐしたり鍼灸施術を行うことで早期回復することが出来ます。

また、肘関節への負担を軽減するためにサポーターやテーピング固定を行います。

 

※※※この記事を書いた院※※※

おれんじ鍼灸整骨院高田馬場院

〒169-0072 東京都新宿区大久保3-10-1 オレンジコート内

TEL&FAX 03-3207-3433

院長 峯田義信