足底腱膜炎(そくていけんまくえん)

足底腱膜とは?

足の指の付け根の骨から踵の骨を繋いでいる足の裏にある扇状の強靭な腱の膜です。アーチ状になっている足の『土踏まず』を支える重要な役割を担って足への衝撃をクッションの様に和らげます。

 

足底腱膜炎とは?

ランニング、ウォーキング、長時間の立位などの過度に土踏まずに対する負担がかかると足底腱膜が引き伸ばされる力が繰り返しかかることになる。特にアスファルトなど硬いところでのランニングや歩行は足に対する衝撃が強いので足底筋膜に与えるストレスも強くなり、それが繰り返されることで足底腱膜に炎症や微細な損傷がおきている状態です。

 

足底腱膜炎の症状は?

足裏の足底腱膜に沿ったどの部位でも痛みが起こりますが踵→土踏まず→足裏の指の付け根の順番で痛みが出やすいです。痛みはしばしば激しく出ますが、特に朝起きて最初に体重をかけた時に出やすいです。

完治までには状態にもよりますが3か月から3年程と言われています。

 

どんな人がなりやすい?

・足のアーチの高さが崩れている人。

足のアーチが高すぎる人、低い人(偏平足)は不均等なストレスが足の裏にかかりやすい為、足底腱膜がダメージを受けやすくなる。

足裏に胼胝(タコ)が出来ている人はアーチが崩れている人が多い為、注意が必要です。

 

・ふくらはぎやアキレス腱が硬い人。

ふくらはぎやアキレス腱が硬いと引き上げる力が弱くなる為、足底腱膜炎がダメージを受けやすくなる。

 

・長時間歩く、長時間立っている人。

よく歩く人や長時間立っている人はふくらはぎに疲労が溜まりやすく硬くなりやすく更にアスファルトなどの固い所をよく歩いたり長時間立っていると足の裏にかかる力が大きくなる。

 

 

 

【 治療法 】

治療の基本となるのは足の裏にかかるストレスを減らすことなので休息が一番です。

 

・保存療法

マッサージ、ストレッチや軽い運動でふくらはぎ、アキレス腱を柔らかくすることで足の裏に対する負担を軽減することです。足の裏の負担を軽減するには土踏まずを支えるインソールを靴にいれる事やテーピングする事で足のアーチを補強します。

 

・鍼灸療法

鍼灸でふくらはぎやアキレス腱を柔らかくすることが出来るので足底腱膜の負担を減らす事も出来ます。鍼をする事での鎮痛作用もあるためそれを利用しながら足底腱膜を柔らかくする直接的なアプローチもできます。

 

・予防法

症状の軽い段階での対応で足底腱膜炎になりづらくすることも重要です。

 

・タオルギャザー

床に広げたタオルを足の指だけで手繰り寄せる運動です。足の指の筋力の強化でアーチを正常に保つことができます。

 

・足裏のマッサージ

椅子に座った状態で足裏でゴルフボールを転がしながら押し付けるものや青竹踏みなどがあります。特に青竹踏みは歯みがきをしながら習慣化出来るので予防法としておススメです。

 

※※※この記事を書いた院※※※

さくらはりきゅう整骨院中板橋院

〒173-0016 東京都板橋区弥生町33−4

TEL&FAX 03-3207-3433

院長 杉 吉明