交通事故後の流れ

 

 

 

 

 

 

妊娠中の交通事故治療は非常にデリケートな為、治療に前向きでない医療機関も多く、当グループにも「妊娠中ですが治療を受けれますか?」という問い合わせがきます。


また、妊娠中は湿布や薬の処方ができない為満足に治療を受けられないので、症状を我慢している方が多いのが事実です。
妊婦さんはお腹に赤ちゃんの命もあずかっている大切な身体です。痛みなどを我慢することで、ストレスがかかり母体にもよくありません。

あみはりきゅう整骨院グループは妊婦さんに適した負担の少ない治療メニューをご用意しておりますので安心してご来院下さい。

  • 病院や整形外科に相談したが、妊婦のため交通事故治療に前向きでない。
  • 痛みなどの症状が続いており、このまま治らないのではないか不安。
  • 病院や整形外科への通院は月に1~2回。もっと通院をして早く治したい。
  • 妊婦ということを親身になって考えて治療をしてくれる先生を探している。

まずは一度、私たちにそのお悩みをご相談ください。

 

 

子供は自分の自覚症状や事故の状況をうまく伝えられないことがあります。
お子さんが頭を打っていないか、事故でケガをしていないかをまず確認し、目立った外傷がなくても必ず病院でレントゲンなどの画像診断を受け、異常が診られないか診断してもらいましょう。

病院では異常がなかったが、、、、

  • 痛みを訴える
  • ぐずることが多い  
  • 足を引きずってるような気がする・・

などお子さんに事故前後と様子がちがう場合早めにご相談ください。

当グループは妊婦さん同様お子さんに負担の少ない治療させていただきますのでご安心ください。