加害者・自損事故の方へ

交通事故には基本的に加害者と被害者が存在します(自損事故を除く)。交通事故の人身事故のうち、約30%が加害者か自損事故に該当することになります。
このような事故の中は、加害者自身や搭乗者が多大な傷害を被るケースも多々見受けられます。加害者となってしまったために自賠責保険が適用できない=治療費が高額になる、という理由だけで治療を受けずに我慢されてしまっている方も多いのが実情です。
もしあなたが任意保険の人身傷害補償に加入していれば、治療費の窓口負担なく、治療を受けていただくことが可能です。
交通事故よる衝撃は通常の怪我とは比べ物になりません。交通事故の後に症状がなくとも、後日症状が悪化してしまい、一生不便な生活を強いるようになってしまう危険性もあります。
ご自身の大切な身体です。早期の専門家による診断と治療を強くおすすめいたします。