被害者の方へ

ご存知ですか?
ほとんどのケースは、相手又は、自分が加入している自動車保険の自賠責保険と任意保険を使います。
治療費は、当院が後日、保険会社に直接請求しますので、窓口での負担は0円になります。
当院では、この治療費請求などに関わる保険会社との手続きも代行致します。

     

 

 
保険の補償内容
保険の構造
後遺傷害部分
傷害部分
任意保険
自賠責保険
(限度額)
  • 逸失利益
  • 後遺傷害慰謝料
  • 介護料 等
  • 治療費
  • 交通費/付添看護費
  • 入院医療費
  • 休業損害
  • 入院慰謝料
自賠責保険の限度額以上の補償などのカバー
  • 死亡3,000万円
  • 後遺傷害
    ※等級に応じて
    4000万円
  • 傷害120万円
 
治療関係費

治療費

応急手当費診察料、入院料投薬料、手術料、処置料等通院費、転院費、入院費など
※接骨院での治療もここに含まれます。

看護料

原則として12歳以下の子供に近親者等の付き添いや、医師が看護の必要性を認めた場合の、入院中の看護料や自宅看護料・通院看護料。

交通費

通院に際しての交通費も支払われます。
(公共交通機関かタクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代等)

諸雑費

入院中に要した雑費に支払われます。原則として1日1,100円が支払われます。

診断書等の費用

診断書や診療報酬明細書などの発行要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。

文章料

交通事故証明書や印鑑証明書、住民票などの発行手数料。

休業損害

事故の傷害で発生した収入の減少(有給休暇の使用、家事従事者を含む)。原則として1日5,700円。これ以上の収入減の立証で19,000円を限度として、その実額が支払われます。

慰謝料

交通事故による精神的・肉体的な苦痛に対する補償。1日4,200円が支払われ、対象日数は被害者の傷害の状態、実治療日数などを勘案して治療期間内で決められます。